中学受験が増えて、クラスがひとつ減りました

大学の入試制度の改革のせいでしょうか。今年は、中学受験をする人が、極端に増えてしまったようです。私立であれば、先取り教育が当たり前なので、安心できるということなのでしょうね。公立の学校だと、ひとクラス分ぐらいも減ってしまった状態があったりします。
親戚のお子様も、例に漏れず、私立中学に入学することになりました。年間、100万円は確実にかかるので、両親というよりも、祖父母が支払うことになるのでしょうね。祖父母においても、嬉しい出費なので、喜んで、まずは中学の3年分、300万円を支払うことだと思います。
どうあっても、貯金を相当しておかないと、両親には、300万円以上の大金を子どもの教育のために、払うのは厳しいのです。私立中学に入学するためには、事前の塾通いもありますから、その3年分の費用もいりますよね。その前からの入用は、親世代にはきついものです。
お孫さんの方でも、そこまで勉強させてもらえたことは感謝していることでしょう。脱毛ラボ 勧誘