これがきっかけで仕事などにつなげて欲しいと思っている

ここ数年はコミック誌などが売れてないという状況となっているが最近は農業系の漫画が人気で評判も呼んでいると言うが漫画を見てしてみたい人が多くなったと言うが実はこの漫画がきっかけで人気を火をつけたと言うが「罠(わな)ガール」と言う漫画ですが農家育ちの女子高生がわなで田畑を荒らす害獣を捕獲するストーリーで初の単行本も発売された。

しかし、最近は若い人がコミック誌を読まなくなっていまして部数が減っていると言うがその代わりに電子書籍などが人気を呼んでいると言う事でここを見る人が多くなったが農業や周辺産業をテーマになった漫画が人気となっているがこの「罠ガール」の作者も農家出身らしい。

農家と言うと昔は若い人が避けていた事もあったと言うが最近は地方に移住して農業を始めた人もいる事で最近のイメージとはかけ離れていると言うが収穫もしているのでこの様な汚いイメージがなくなったと思っているが自分で育てた物が出来ると喜びになっている。

また、「農家の嫁になりたい」と言う欲望が生まれて会社など辞めてここに来る人もいるのでこうした変化も出てきたと思っているが農業系の漫画にした人は実はこの人も農業をしている。

それが人気漫画で実写化もした「鋼の錬金術師」の作者でもある荒川さんも実は実家が農業を営んでいるという事で「百姓貴族」と言う漫画を出版したが農家がこれだけ大変だと知って欲しいと書いた漫画となっているが面白いので私的にはお勧めだと思っている。

家族も交えてかなりのエピソード満載となっているが面白い内容となっているので好評らしい。

農業高校の出身で百姓貴族でも書かれていますがこれをヒントにしたのが「銀の匙〜silverspoon」となっているのでこれも面白いと言うがこうした漫画もある。
移住して農家で働く事は想像以上に厳しいと思っている所もあるので覚悟は必要だと思っているのです。ミュゼ やけど 対応

今年もハロウィンの準備を少しだけしてみました。

夫の姉から電話がかかってきました。100円ショップに来ているんだけど、今年もハロウィンのお菓子を取りに来るんなら可愛いラッピング袋でも買っておこうと思ってくれたそうです。今年もお願いしますと図々しくも頼んでおきました。テレビの影響でお菓子がもらえるイベントとしてハロウィンをクリスマスの次くらいに娘が楽しみにしているんです。でもテレビで見たようにたくさんの家でお菓子がもらえる訳じゃないのが不服なようです。毎年のことなので近所の人に協力してもらう訳にもいかないんですよね。親戚にお願いするのが精一杯です。世の中も仮装だなんだと盛り上がっている割に、ちゃんとお菓子をもらい歩くイベントなんてしていないんですよね。クリスマスもなんだか日本独自のカップルイベントに発展したように、たぶんハロウィンもコスプレイベントになっていくんでしょうね。図々しいついでに、私も先日娘にカボチャの絵が描いてあるバケツを100円ショップで買って来たところです。親戚のおうちでバケツいっぱいお菓子をもらってくるんですよ。